脱毛でモテ肌! 肌美人

肌のお手入れの中でも最も面倒かつ重要といえる『脱毛』。
多くの人は肌の露出が多くなる夏までに終わらせたいと思っているんじゃないでしょうか?そのためにはどの時期に始めたらいいのか、最も効果的な方法は何なのか?
当サイトでは、脱毛に関するさまざまな疑問を検証解説しています。

アナタはエステ派?それとも自宅派?


エステ、カミソリ、電気シェーバー、最近では家庭用脱毛器なんていうのも増えてきました。どれが良くて、どれが悪い、ということではなく、それぞれにメリットがあります。強いて言うならばアナタが何を優先するかということ。

エステ

メリット
プロが脱毛してくれるので仕上がりが美しい
アフターサービスがしっかりしている
短時間で施術可能
デメリット
料金が高い
定期的に通わなくてはいけない
永久脱毛を完了するには長く通う必要がある
質の低いサロンを選ぶとトラブルの可能性がある
種類
レーザー脱毛
レーザーの光が特定の色を感知して、その色の部分にだけ集中的に熱を加えるなど反応させられる。
針脱毛(電気脱毛)
電気を使って毛根と毛乳頭に高周波や低周波などの電流を流し、毛の1本1本を焼きながら処理する方法。
光脱毛
様々な波長を持つ光をあててムダ毛を処理する。IPL ( インテンスパルスライト ) 脱毛のこと。フラッシュライトを使った処理法で、毛や毛根付近のメラニン色素に反応させる施術法。
ワックス脱毛
専用ワックスを肌に塗り、毛とワックスとが接着する性質を利用し、これを引きはがすことによって、毛を毛根から取り除く。ビキニラインよりも内側の陰毛をワックスで脱毛することをブラジリアンワックス脱毛と呼ぶ。

自宅


メリット
わざわざエステに行かなくていい
コストが安い
好きな時・好きな時間に脱毛ができる
回数が決まってないので一度買えば何度でも出来る
デメリット
自分で処理すると時間がかかる
付属品・消耗品などの、ランニングコストが必要
皮膚トラブル等がでた場合、皮膚科や病院で診療してもらう必要がある
効果を実感するのにエステやクリニックより時間がかかる
種類
電気シェーバー
一度に素早く処理できるので便利。お風呂で使用したいなら防水タイプの電気シェーバーがおすすめ
家庭用脱毛器
手早くキレイに脱毛できる。うぶ毛程度であれば、光やレーザーを利用する脱毛機だと反応しない場合もあるので注意が必要。
T字カミソリ
誰しも1度は経験する脱毛方法。
脱毛・除毛クリーム
脱毛・除毛クリームはお風呂でも使用できて便利。
毛抜き
ワキなどは生えている部分が狭いので、1本ずつ毛抜きで抜く方法もOK。
専用ボディタオル
背中のうぶ毛を絡め取ってくれるボディタオルで身体を洗う。効果は小さいが、肌を傷めにくく1人で安全にできる
脱毛テープ・ワックス
広範囲のムダ毛処理を一気にできるので便利。

脱毛を始める時期

エステもそうですが、最近流行りの家庭用脱毛器でもいつ頃から始めたらいいのかが悩みどころ。
もし夏までにツルツルに!と考えるなら”秋から冬”がおすすめ。
気になる人が増え始める4月、5月ごろだと予約が取りづいのもありますが、紫外線が強く、脱毛後の肌がダメージを受けやすいためです。個人差はありますが、医療レーザー脱毛の場合、2ヶ月に1回程度の照射が必要なのでひと通りの結果がでるまでに、半年から1年半かかります。
また、秋・冬は脱毛エステサロンなどの利用者が減るためお得なキャンペーンも多く、始めるためのタイミングとしてバッチリです!

効果的な脱毛のタイミング

毛の生え変わる周期というのをご存知でしょうか?脱毛はそのサイクルに合わせておこないます。

毛が毛細血管から養分を取り込み成長していく時期が「成長期」。この「成長期」が長いほど毛は成長します。ちなみに髪の毛は2〜6年といわれています。
そして、毛の成長が止まる「退行期」を経て、毛が抜ける「休止期」に移ります。「休止期」は毛穴の活動が止まり、次の周期まで休んでいる状態です。

部位 成長期 休止期
ヒゲ 1年 2ヶ月
ワキ・腕 3〜5ヶ月 3〜5ヶ月
ビキニライン 1〜2年 1〜2年
4〜6ヶ月 4〜6ヶ月

毛は、このサイクルを繰り返しています。このため一度に脱毛をすることが出来ず、時期をずらして何度か施術し、休止期の毛穴の毛をすべて処理できるまで続きます。

この毛周期を考えて、翌夏までに完璧に脱毛する為には9月ごろ脱毛をスタートすることがオススメです。


Copyright (C) 2011 IKPC.JP All Rights Reserved.

PR//